2013年09月01日

BDV-N1WLのレビュー

ソニーストアで注文していたホームシアターシステム「BDV-N1WL」が30日に届きました。(発売日前!)

BDV-N1WL-1.JPG
※ダンボール1箱

久しぶりにレビューでも書いてみたいと思います。

○設置と配線

スピーカーにスタンドをつける作業から行いました。スピーカーコードはスピーカーごとの色分けされています。イルミネーション用の配線が一緒になっていて、スピーカーコードがやや太め。

BDV-N1WL-2.JPG

フロント2つとリア2つの4つスタンドを付けました。壁掛けもできるが今はラック置きするので、スタンド付けました。

BDV-N1WL-4.JPG

BDV-N1WL-6.JPG

つぎに本体とサラウンドアンプをワイヤレス通信させるためのワイヤレストランシーバーを差し込みます。

なぜか内蔵じゃなくて、トランシーバーを差し込むタイプでした。

BDV-N1WL-5.JPG

あとは、本体にLANケーブルを接続、テレビと本体をHDMIケーブル光デジタルケーブルで接続しました。テレビがARC対応していれば、光デジタルケーブルは要らないのですが、うちのBRAVIAは対応していないので。

配線が終わったので設置。部屋の構成上、後ろの置けないので、オールフロント設置にしました。

設置後は、初期設定をしますが、テレビの入力を切り替えて、電源を入れれば、あとは、画面の指示に従って、選択していくだけです。
(音場測定用マイクをこのときだけ差し込んでおく。)

設置には30分くらいかかったけど、設定は3分で終わりました。

○視聴
テレビラックにしまっておいたCDを再生します。やっぱりスピーカーで聴く音楽は違いますね。No music, No Life。スピーカーは小さいけれど音はしっかりしていると思います。鮮明な気がします。

このところ音楽はウォークマンで聴く、というスタイルだったので、ちょっとだけ生活が華やかにw

このブログの筆者が、この製品をチョイスした目的は、ホームシアターを導入してテレビの音を強化するだけでなくて、手持ちの音楽資産をなんとか有効活用できないかと考えていたので、プレーヤー内蔵!というのは、とっても嬉しかったです。

nasneで撮りためたライブとか、パッケージで買ってあったブルーレイとか、いろいろ再生してみました。テレビのスピーカーのときだけと比べると、音の厚みとか、音の広がりとか、一目瞭然でした。

映画は試せていませんが、映画を見るときだけ、スピーカーをリアに置いて囲まれるようにすればいいかなと思いました。音楽を聴く機会が多いので、普段はオールフロントで問題なさそう。

USBメモリからとか、NFC接続したスマホからとか、とにかくなんでもこれ1台で再生できるのは、便利かも。スーパーオーデォオCDにも対応しているのですが、メディアが無くて試せない・・・。

ブルーレイの再生のためだけにPS3を利用しなくてもよくなりました。(PS3のアップコンバーターは優秀なので使い道はあるのですが、手間と消費電力より。)

○気になった点

本体の横幅が480mmもあり、テレビラックに入らなかったこと。あと1cm小さければ入ったのに。あとリアスピーカー用のサラウンドアンプも結構大きい。これももっと小型化できたんじゃないかなとか。

本体リモコンでテレビの操作ができるのですが、電源オン・オフと、入力切替と、音量操作までできるのに、チャンネル操作ができない・・・。そこまでできれば、テレビ付属のリモコンはほとんど使わなくてよくなるのに、残念!

テレビでCDを再生するときにCD情報を取得してくれるのですが、静止画面のままなので、グライコとか表示してくれるともっと盛り上がるかも、とか。

○最後に

うちのBRAVIA、もちろん黒なのですが、白いスピーカーに囲まれるように置いてあるので、白いBRAVIAが欲しくなってきたのですが、今ないんですよねー、もし出たらすぐに買い替えてしまいそうです。

5万円台で納得いくホームシアターセットが導入できてよかったです。

システムステレオも置きたいけど、ホームシアターセットも置きたいという人には絶対おすすめです。

あとは、もうちょっときれいに見えるように設置を考えてみたいと思います。

気づいたことがあれば、あとでぼちぼち追記します。





追記

使用している光デジタルケーブルの画像をアップします。一般的なものを使っているので、どのメーカーのものを使っても大丈夫だと思います。角型コネクタの形状です。ビックカメラで売っていたものという記憶だけでメーカーは、すみません、忘れてしまいました。

DSC_0732-2.jpg

DSC_0735-2.jpg

ご参考になれば幸いです。

S/PDIF 一番下の画像もご参考にしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/S/PDIF
posted by まぶた at 14:22 | Comment(4) | TrackBack(1) | ホームシアターシステム

2013年08月18日

BDV-N1WLの購入検証

BDV-N1WLを買うことに決めたので、どこのサイトから買うか考えてみた。

ビックカメラで買って、ポイント10倍で・・・と思っていた。

が、ソニーストアでAV商品が10%引きになるクーポンがあった。クーポンは、ソニー損保の特典だった。このブログの筆者の自動車保険は、ソニー損保で、契約者特典に、ソニーストアの優待があった。

ソニー損保クーポン.png

(使う日が来るなんて。。。)

ビックカメラ.comで買う場合:

商品代金 59800円

(ポイント還元)
ビックポイント 5980P
ビックポイントレビュー投稿 60P
お財布.com経由 598P
クレジットカード(1%還元) 598P

実質→52464円

ソニーストアで買う場合:

商品代金 53820円
(ポイント還元)
お財布.com経由 538P
クレジットカード(1%還元) 538P

実質→52744円

その差は280円。

ソニーストアの方が、現金支払いが少なく、保証も3年ある。ソニーポイントが発行されれば、ほぼ一緒。ソニーカードで買えば、ソニーストアの方が安い。


発売日お届けで買うなら、ソニーストアもありだなと思った。ご参考になれば。

posted by まぶた at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアターシステム

2013年08月15日

BDV-N1WLをソニービルで見る

久しぶりにソニービルに行ってきた。先日発表されたホームシアターシステムを見るために。

気になっていたのは、BDV-N1WL

実はずっとホームシアターシステムが欲しかった。さらに、リビングで音楽を聴くためにミニコンポ(懐かしい響き)的な役割もしてほしかった。今出ているホームシアターには、CDなどのメディアを再生する機能が乏しいのである。

もっと贅沢をいうと、せっかくホームネットワークを構築してあるので、ネットワーク上の音楽を再生してくれるものも欲しかった。

が、それを実現してくれる製品がソニーからは出てなかった。

妥協して「HT-SS380」を買ってしまおうかと思ったが、熱も冷めてしばらく経ったころに、「BDV-N1WL」が発表されたのである。待っていて良かった。


ソニービルでめちゃくちゃ触ってきた。説明してくれるお姉さんが、めちゃくちゃ説明してくれた。

カタログもくれた。(まだコピーだった。)↓左上にホッチキスw
DSC_0066.jpg

・ディスクトレイを搭載してあるので、CDからブルーレイまですべて再生可能。今まで買い溜めたCDもその場で再生できる!ブルーレイももうPS3で再生しなくてもいい!

・スピーカーをすべて前面に配置できる。背後に置けなくても、映画とかスピーカーに囲まれたい時だけ、移動させればOK。

・DLNA対応なので、音楽ファイルをVAIOに入れておけば再生可。nasneで録画した番組も再生できるからレコーダー要らず。

・FMラジオも聴ける。

・操作はすべてテレビ画面を見ながらやればいい。(本体にはディスプレイはほとんどない)

・色が白いから、リビングに置いても圧迫感が少な目。(LEDイルミネーションは、映画を見るときに、部屋の電気を消して、これを間接照明的に使うといいらしい)

・スピーカーの音も十分。この大きさでこの音なら十分満足できる。

気になったマイナス面を強いて言うならサラウンドアンプの大きさかな。横幅480mmと幅がある。TVボードで、DVD/HDDレコーダがおいてある場所に入れようと思ったら、470mmしかなくて、少しサイズが合わなくて置けそうにない。TVボードの上に置くことになりそう。

というわけで、買いますw

posted by まぶた at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアターシステム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。