2008年10月18日

【BRAVIA】お風呂でワンセグ XDV-W600 を試す

先日モニター募集をして、見事(なぜか?)当選してしまった、お風呂<ブラビア>ワンセグが届きました。

いつものソニースタイルの箱で届きました。

DSC01692.JPG

あけると、出てきたー。ソニースタイルの箱が無駄に大きいぞ。商品の箱の表には、「for your relaxing bath time」と書いてあります。

DSC01694.JPG

内容物を確認しましょう。本体(写真下)と、充電スタンド(写真上)と、ACアダプタ(写真右)、取扱説明書数々(写真左)になります。真ん中にある、栓抜きみたいなやつは、これを本体の後ろに取り付けると、壁掛けも可能になる、というアタッチメントです。

DSC01699.JPG

スタンドに本体を乗せるとこんな感じになります。液晶がかなりきれいに見えます。

DSC01698.JPG

スタンドの後ろはどうなっているかというと、アンテナにつなぐこともできるので、万が一お風呂で身ら得れないときはこれをテレビのない、ワンセグが映らない部屋でアンテナをつないで見ることができるっていうわけです。

DSC01697.JPG

ACアダプタがついていますが、背面を見ると電池を入れるところが・・・。もしかして、単三電池で駆動?と心配しましたが、内蔵の充電池があります。一応内蔵の充電池は交換が可能みたいです(マニュアルには、充電池の捨て方が記載されていたので。)

重さは結構軽め。

さてさて、お風呂で試そうと、お風呂の準備をしてお風呂に移動してみると。。。。がーん、映らないんです。携帯電話のワンセグですら、家の中央じゃ映らないので、懸念はしておりましたが・・・。

仕方ないんで、窓際で視聴してみると、はい、映りました。予想以上にきれいだなー。やるなー、こいつ。

こいつ、ワンセグ専用だと思っていたら、なんとFMラジオも聴けます。お風呂でFMラジオはなぜか聴けました。ヽ(´Д`)ノ

あと、こいつ録ることもできます。マニュアル上は10時間録画可能です。番組表から選んでも、いきなり録画も可能です。

お風呂でワンセグだけが映らないのは。。。ちょっと哀しすぎたです。本来の仕様を満たしていないかも。

ただ、これがお風呂でワンセグには意味があるんです。たとえば、お風呂についているテレビ、これってたぶんアナログ放送が終わったら確実に映らなくなる。でも、こいつならその機能を持っているし、録画もできるので、頭洗っている時間も見逃したくない番組、もしくはお風呂終了してからもう1回見たいと思ったら、見られるんですよ。ふふふ。

買う前に携帯電話のワンセグがお風呂で移るか確認してから、買ってくださいませ。

価格がちょっと高めなので、気になるといえば気になるが。。。

で、思ったのは、これって自分で買うよりももらったらうれしい商品になるんではないかなと。

お風呂以外でももちろん使えるので、携帯テレビとして、携帯電話のワンセグよりも大きな画面でテレビを見られるっていうことで、ぜひプレゼントにいかがでしょうか?


posted by まぶた at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | SONY Mobile Communications
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。