2013年09月15日

BDV-N1WLのレビュー (2)

BDV-N1WLを購入してから3週間が経過したので、追加でレビューを書きます。

ホームシアターを初導入なので、一般的には当たり前のことでも、お!っと思ったことは書いてあるかもしれません。ご了承願います。


BDV-N1WLをとことんステレオをして活用しています。

ゆったりとCDで音楽を流しています。

BDV-N1WLの本体の電源を入れると、(当たり前のことかもしれませんが)テレビも電源が入ります。

音楽だけを流したい場合は、テレビの電源は要らないので、テレビの電源をオフに・・・。すると、BDV-N1WL本体も電源が切れます。

仕方ないか。連動してくれるのは、便利な場合もありますしね。

今は、音楽を流したけど、テレビの画面が不要な場合は、テレビの主電源をオフにしています。

あと、ゲームをやっているとき、ゲームの音じゃなくてCDで音楽を再生したい時は、
1)CDで音楽を再生する
2)HDMIケーブルを抜く
3)ゲームを始める
っていう風にしています。

テレビの音をリッチにするために設置しているのがホームシアターだから仕方ないといえば仕方がないわけで。


CD再生も、普通はフロント2つのスピーカーから音が出てきますが、AUTO設定することで疑似的に5.1ch再生が可能です。音に広がりを持たせながら再生することができます。

普段は、イヤホンから流れてくる音楽に慣れているから、立体でやってくる音楽にちょっとにやっとしてしまいました。


今日は1日音楽三昧でした。


○番外編

BDV-N1WLの写真をいろいろ載せてみました。

本体裏(1)
DSC03760.JPG

本体裏(2)
DSC03770.JPG

本体裏(3)
DSC03774.JPG

サラウンドアンプの裏
DSC03776.JPG

スピーカー裏(これで壁掛けも可)
DSC03777.JPG

スピーカーアップ
DSC03778.JPG

ディスクトレイオープン
DSC03779.JPG

posted by まぶた at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Xperia

2013年09月01日

BDV-N1WLのレビュー

ソニーストアで注文していたホームシアターシステム「BDV-N1WL」が30日に届きました。(発売日前!)

BDV-N1WL-1.JPG
※ダンボール1箱

久しぶりにレビューでも書いてみたいと思います。

○設置と配線

スピーカーにスタンドをつける作業から行いました。スピーカーコードはスピーカーごとの色分けされています。イルミネーション用の配線が一緒になっていて、スピーカーコードがやや太め。

BDV-N1WL-2.JPG

フロント2つとリア2つの4つスタンドを付けました。壁掛けもできるが今はラック置きするので、スタンド付けました。

BDV-N1WL-4.JPG

BDV-N1WL-6.JPG

つぎに本体とサラウンドアンプをワイヤレス通信させるためのワイヤレストランシーバーを差し込みます。

なぜか内蔵じゃなくて、トランシーバーを差し込むタイプでした。

BDV-N1WL-5.JPG

あとは、本体にLANケーブルを接続、テレビと本体をHDMIケーブル光デジタルケーブルで接続しました。テレビがARC対応していれば、光デジタルケーブルは要らないのですが、うちのBRAVIAは対応していないので。

配線が終わったので設置。部屋の構成上、後ろの置けないので、オールフロント設置にしました。

設置後は、初期設定をしますが、テレビの入力を切り替えて、電源を入れれば、あとは、画面の指示に従って、選択していくだけです。
(音場測定用マイクをこのときだけ差し込んでおく。)

設置には30分くらいかかったけど、設定は3分で終わりました。

○視聴
テレビラックにしまっておいたCDを再生します。やっぱりスピーカーで聴く音楽は違いますね。No music, No Life。スピーカーは小さいけれど音はしっかりしていると思います。鮮明な気がします。

このところ音楽はウォークマンで聴く、というスタイルだったので、ちょっとだけ生活が華やかにw

このブログの筆者が、この製品をチョイスした目的は、ホームシアターを導入してテレビの音を強化するだけでなくて、手持ちの音楽資産をなんとか有効活用できないかと考えていたので、プレーヤー内蔵!というのは、とっても嬉しかったです。

nasneで撮りためたライブとか、パッケージで買ってあったブルーレイとか、いろいろ再生してみました。テレビのスピーカーのときだけと比べると、音の厚みとか、音の広がりとか、一目瞭然でした。

映画は試せていませんが、映画を見るときだけ、スピーカーをリアに置いて囲まれるようにすればいいかなと思いました。音楽を聴く機会が多いので、普段はオールフロントで問題なさそう。

USBメモリからとか、NFC接続したスマホからとか、とにかくなんでもこれ1台で再生できるのは、便利かも。スーパーオーデォオCDにも対応しているのですが、メディアが無くて試せない・・・。

ブルーレイの再生のためだけにPS3を利用しなくてもよくなりました。(PS3のアップコンバーターは優秀なので使い道はあるのですが、手間と消費電力より。)

○気になった点

本体の横幅が480mmもあり、テレビラックに入らなかったこと。あと1cm小さければ入ったのに。あとリアスピーカー用のサラウンドアンプも結構大きい。これももっと小型化できたんじゃないかなとか。

本体リモコンでテレビの操作ができるのですが、電源オン・オフと、入力切替と、音量操作までできるのに、チャンネル操作ができない・・・。そこまでできれば、テレビ付属のリモコンはほとんど使わなくてよくなるのに、残念!

テレビでCDを再生するときにCD情報を取得してくれるのですが、静止画面のままなので、グライコとか表示してくれるともっと盛り上がるかも、とか。

○最後に

うちのBRAVIA、もちろん黒なのですが、白いスピーカーに囲まれるように置いてあるので、白いBRAVIAが欲しくなってきたのですが、今ないんですよねー、もし出たらすぐに買い替えてしまいそうです。

5万円台で納得いくホームシアターセットが導入できてよかったです。

システムステレオも置きたいけど、ホームシアターセットも置きたいという人には絶対おすすめです。

あとは、もうちょっときれいに見えるように設置を考えてみたいと思います。

気づいたことがあれば、あとでぼちぼち追記します。





追記

使用している光デジタルケーブルの画像をアップします。一般的なものを使っているので、どのメーカーのものを使っても大丈夫だと思います。角型コネクタの形状です。ビックカメラで売っていたものという記憶だけでメーカーは、すみません、忘れてしまいました。

DSC_0732-2.jpg

DSC_0735-2.jpg

ご参考になれば幸いです。

S/PDIF 一番下の画像もご参考にしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/S/PDIF
posted by まぶた at 14:22 | Comment(4) | TrackBack(1) | ホームシアターシステム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。